HOME 製品情報 DEEPMailの概要

DEEPMail カスタマイズ可能 大規模メールシステム

DEEPMail(ディープメール)の概要

DEEPMailは、マルチベンダ Unix(Solaris ・ Linux など)環境をサポートする独自開発のメールエンジンとメールストアを搭載した、大規模次世代メールシステムです。

さまざまなシステム環境や既存の各種サービスとの連動など、お客様に合わせてカスタマイズ可能なWebメールソリューションをご提供いたします。

DEEPMail メールエンジンについて

1.独自開発のメールエンジン (Mail Transfer Agent)
SMTP、POP3、Webメールモジュールなどのすべての部分を独自開発しています。
文教、金融機関、公共などの2,000万アカウント以上の構築経験をベースに開発しています。
2.ウイルスメールの駆除 オプション
オプションとしてアンチウイルスエンジンをMTAに内蔵し、API連携で高速処理します。
3.マルチスレッド方式の設計 (Multi-Thread Design)
Sendmail などの1プロセス1メール方式に比べ、処理性能が高く、リソース消費も効率的です。
4.メールディレクトリ方式 (Maildir Format)
複数のメールを1つのファイルに保存するメールボックス方式( mbox Format:Sendmail 等で採用) に比べ、1つのメールを1つのファイルに保存し、 メールフォルダをディレクトリに統合して管理するメールディレクトリ方式は、メール受信、作成、移動、保存などすべての操作で速い反応速度を発揮します。

DEEPMail メールエンジンの性能

マルチスレッド方式を採用し Sendmailなどの一般的なSMTPサーバより性能が優秀であることがわかります。

メール処理量の比較
メールサイズ 10KB 30KB 50KB 100KB
MailSuite 274.4通/秒 263.7通/秒 212.5通/秒 161.9通/秒
Sendmail 61.3通/秒 67.5通/秒 47.2通/秒 38.5通/秒
Mail Engine 性能テストの環境

仕様 : Redhat Enterprise Linux AS3 U5(HP Blade Server BL20p) CPU : 3.60GHz * 2(HT Enabled) / Memory : 4GB Sendmailは、OS付属のバージョンをそのまま基本設定でテストを実施
5分間、スレッド30個で 10/30/50/100KBのメールを送信した後、Queuingまでの結果を測定

プラットフォーム要件

現在サポートしてるプラットフォームは、次のとおりです。

OS Version
Redhat Enterprise Linux 6,7 (Intel/64bit)

ウェブクライアント要件

現在サポートしているブラウザは、次の通りです。

製品名 Version 備考
Internet Explorer 9.X~ Windows版のみ対応
Mozilla Firefox 39.0.X~ Windows、Macintosh、Linux版に対応
Safari 7.0.X~ Macintosh版に対応
Google Chrome 43.X~ Windows、Macintosh版に対応

※上記に記載されている製品名においても、ベンダー側でサポートが打ち切られた製品やバージョンをご利用になって不具合や障害等が発生した場合は、弊社でもサポート対象外とさせていただく場合がございます。
また、ベンダー各社からセキュリティホールなどの報告がある場合は、最新バージョンを推奨しておりますが、動作については未検証の場合がございます。

ページTOPへ戻る